朝食にバナナ|免疫力を高める方法を一挙公開

シニアのメンズ

血糖値改善の切り札

健康に長生きするためには、血圧や体重とともに血糖値のコントロールも欠かせません。変動の大きい血糖値の代わりに検査で重視されるのは、1〜2ヶ月前の平均血糖値を示すヘモグロビンa1cの数値です。甘いものが好きな人でも、イヌリンやクロム・サポニンを含むサプリメントの摂取でヘモグロビンa1cを下げられます。

微笑む女の人

肝臓を助けるシジミの力

オルニチンはシジミなどに含まれるアミノ酸の一種で、肝機能を強化する作用があります。肝臓が有害物資であるアンモニアの分解を行う際は、オルニチンの助けが必要となります。最近ではサプリメントで手軽に補給することもできます。

バナナで健康を守る

サプリメント

朝に食べるバナナの効果

一時期朝バナナダイエットという方法が話題となり、多くの人が朝食にバナナを食べる習慣を身につけていこうとスーパーや八百屋などでバナナが売切れてしまうことが多くなったことがありました。朝にバナナを食べることは食物繊維を摂取することができるため便通が良くなり、便秘を改善させ血行促進に効果を引き出すのです。しかしバナナは便通を良くするだけでなく、免疫力向上効果にも役立ちます。朝にバナナを食べることで、免疫力を高める方法にもつなげていくことができるのです。なぜ免疫力を高める方法になるのかといいますと、バナナには抗酸化作用効果のあるポリフェノールとビタミンCが含まれています。それらの成分が細胞が弱くなるのを防ぎ、健康を守ってくれるのです。

大人にも子供にも良い

バナナは大人だけでなく、子供にもおいしく食べることができるフルーツの1つです。しかも子供は大人と比べて免疫力が弱いこともあり、風邪やウイルスにかかりやすくなっています。大人も子供も身体を守るために免疫力を高める方法を取り入れることが必要です。朝にバナナ1本食べるだけでその方法は有効で、とくにシュガースポットという茶色の斑点が皮についているバナナがより効果があるといわれています。さらに効果的に摂取したいのであれば、ヨーグルトの中にバナナを入れて食べると善玉菌とバナナに含まれるオリゴ糖を取り入れることができ、腸内環境をさらに整え免疫力アップにつなげていく働きを行なってくれます。大人にも子供にも手軽に摂取できるものなので、免疫力を高める方法として朝にバナナを食べるのは良いことになります。

漢方

高麗人参の力を知る

サポニンは高麗人参から摂取できますが、自分で購入して服用するのはかなり面倒です。そういう時は高麗人参のサプリメントを服用するといいでしょう。強力な抗酸化作用やコレステロールの酸化を防ぐ健康効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加