朝食にバナナ|免疫力を高める方法を一挙公開

肝臓を助けるシジミの力

微笑む女の人

パワーの秘密はアミノ酸

昔からよく「シジミ汁は二日酔いに効く」と言われてきましたが、現在ではこれが科学的に解明されており、決して俗信ではないことが分かっています。シジミには脂肪の代謝を助けるビタミンB群や、造血作用のある鉄分が豊富に含まれています。これらはいずれも、アルコールを分解する役割を担っている肝臓の働きを助けるのに役立ちます。また、タウリンなどのアミノ酸も豊富です。タウリンには肝細胞の再生を促す作用があります。さらに注目される成分が、オルニチンです。オルニチンもまたアミノ酸の一種ですが、肝臓に達するとオルニチン回路というものを構成します。この回路は、肝臓の重要な役目である解毒作用になくてはならない重要なものです。

サプリメントでも補給可能

肝臓の働きの1つに、体外から入り込んだり体内で発生した有害物質を解毒するというものがあります。最もよく知られているのが、アルコールとアンモニアの分解です。オルニチン回路は、このうちアンモニアの分解を助けるためのものです。アンモニアは身体を動かしたり食べ物を摂ったりする際には必ず発生する老廃物なので、オルニチンの量が十分でないと分解しきれなくなり、身体のパワーが低下してしまいます。肝機能を適切にサポートするには、毎日一定量のオルニチンを摂取することが推奨されています。ただし、毎日シジミ料理を食べ続けるというのはなかなか困難です。そこで、最近ではオルニチン配合のサプリメントが人気を呼んでいます。サプリメントなら手軽に、かつ計画的にオルニチンを補給することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加